シャイン:研究の軌跡

  • このページをはてなブックマークに追加

キャリア・個人

【シャイン:研究の軌跡】組織心理研究の失敗から生まれたキャリア理論

 キャリアに関する選択を迫られたとき、自分の仕事に対する指向や動機、価値観、才能について理解しておけば意思決定はより容易に、納得のいくものとなる。そうした自分自身の姿や傾向を把握するのに役立つのが「キャリア・アンカー」というシャインが発見した概念と診断ツールである。

【シャイン:研究の軌跡】生い立ち~強制的説得(洗脳)の研究

 エドガー・H・シャインは「組織文化」「キャリア・アンカー」などの概念を構築したことで知られる、組織やキャリアに関し多大な研究業績を残してきた人物である。
 その研究内容は社会学、人類学、社会心理学という複数の領域の相乗効果を生み出していることで高く評価されている。また、研究活動とともにアメリカをはじめ世界の多くの組織に対し、組織文化や組織開発などのコンサルティングを行ってきた。

組織

23561-3

【アーカイブ】日経キャリアアップ面連動企画「組織文化とリーダーシップ」

 2013年の8月から9月にかけて、日本経済新聞本紙で連載されている「経営書を読む」で、タワーズワトソンの永田稔氏による『組織文化とリーダーシップ』の解題が4回に渡り連載され、改めて注目を浴びました。
 日経Bizアカデミーに、新聞に掲載されていたものと同じコンテンツと、さらに、各回の解題に則したケーススタディーが掲載されていますので、ご紹介します。

【シャイン:研究の軌跡】組織心理学のパイオニアとして

 ある組織では当たり前すぎて誰も疑問を持たないような思考や行動の様式が、他の組織では非常に違和感があり、受け入れられないものとして扱われる。シャインはそんな組織ごとに異なる文化の存在に着目して研究を進め、組織文化の創出と維持、そして必要ならば変えていくという新しいリーダーシップ像を提示した。

変革・支援

【アーカイブ】中原淳氏(東京大学准教授)ブログで『プロセス・コンサルテーション』が紹介

東京大学・准教授(経営学習論)をされながら、様々な団体の理事や公共団体の人材育成支援などもされている中原 淳氏のYahoo個人ブログで『プロセス・コンサルテーション』が紹介されています。

23561-3

【アーカイブ】日経キャリアアップ面連動企画「組織文化とリーダーシップ」

 2013年の8月から9月にかけて、日本経済新聞本紙で連載されている「経営書を読む」で、タワーズワトソンの永田稔氏による『組織文化とリーダーシップ』の解題が4回に渡り連載され、改めて注目を浴びました。
 日経Bizアカデミーに、新聞に掲載されていたものと同じコンテンツと、さらに、各回の解題に則したケーススタディーが掲載されていますので、ご紹介します。

【シャイン:研究の軌跡】仕事でも家庭でも有用な「人を助ける理論」

 人生のなかでは仕事における部下、同僚、上司との関係にとどまらず、配偶者や子供、友人、ときには見知らぬ人からも援助を求められたり自分が求めたりもする。だが、「こうしなさい」と指示するだけでは、相手は自ら考える力を失ってしまいかねない。シャインはそれとは対照的な「プロセス・コンサルテーション」という考え方を提示した。

診断

【シャイン:研究の軌跡】組織心理研究の失敗から生まれたキャリア理論

 キャリアに関する選択を迫られたとき、自分の仕事に対する指向や動機、価値観、才能について理解しておけば意思決定はより容易に、納得のいくものとなる。そうした自分自身の姿や傾向を把握するのに役立つのが「キャリア・アンカー」というシャインが発見した概念と診断ツールである。

  • このページをはてなブックマークに追加